前へ
次へ

営業求人に応募して転職した体験

私はもともと金融機関で、企業向けに融資を行う営業の仕事をしていました。人と話すのが好きだった私にとって、営業の仕事はとても楽しいものでした。しかし、妻との結婚を機に、全国転勤があることが苦になってきたため、妻の地元の企業に転職することにしたのです。いざ転職活動を始めたものの、日本全国どこにでも支店のあった金融機関とは異なり、妻の地元は田舎だったため、そもそも企業の求人そのものが選べるほどありません。そんな限られた求人の中でも、営業求人だけは一定数見付けることができました。金融機関での経験から営業には自信があったので、私は職種にはあまりこだわらずに、営業求人を見付けては応募することを繰り返したのです。企業側からも私の経験を買っていただくことができ、幸いにも3社目にして採用を勝ち取ることができました。転職活動において、職種は異なっていても、営業職としてのスキルはあらゆる分野に通じるものがあると思います。

Page Top